化粧下地の役割

シルキーカバーなど化粧下地の役割は、肌表面の凹凸を整え、肌色ムラの補正をすることにあります。ファンデーションのノリを良くしてくれます。肌とファンデーションの接着剤の役割を果たしていて、化粧下地を付けると、肌にある毛穴やキメを目立たなくしてくれます。また、ファンデを付けるときの肌への負担を軽くするのも、化粧下地の役割です。

化粧下地無しでファンデーションを塗ると、どうしても崩れやすくなり、上手くのりません。シルキーカバーもそうですが、化粧下地は、肌に薄い膜を張り、保湿しながらメイクや周りの環境の負担から肌を保護する役割があり、肌とファンデーションの接着剤の役目を果たし、崩れを防ぎます。

肌に艶を出し、毛穴を埋め、日焼け止め効果のある化粧下地もあり、様々な役割を担っています。化粧下地には、それぞれのタイプがあるので、役割をよく考えて、自分に合ったタイプを選ぶ必要があります。ミルクタイプは、伸びが良くて肌のタイプを選ばない万能型で、クリームタイプは、しっとりしていて保湿と保護力が高い特性があります。ジェルタイプは、さっぱりとした仕上がりなので、脂性肌の人に向いています。